FC2ブログ

フシギナハナシ

プロフィール

ncy

Author:ncy
オバケとか信じていませんが
怖い話を聞くのが大好き

ギミワンモア
リーズントゥビリ~ヴ
オアノット

アンチメジャーでマニア体質
爽やかより妖しいに惹かれる
が身上の管理人がお送りします

リンクはご自由にドゾ

アレな話(怖い話)を超募集中です
つか慢性的にネタ切れ状態です
助けてあげようという方
ネタを提供してもよいという方
↓のメールフォームからドゾー

適当な記事にコメントでもドゾー

■ランキングに参加しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク



■文章,写真の有断転載を禁じません

FC2ブログランキング

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

066 差押えの箪笥

2007.02.15 アレな話
差押えられた家具類を管理する職場での話
ある日のこと
持ち込まれたタンスがおかしいと倉庫の担当者が騒いでいた
気持ち悪いので余所へ移動してくれと訴えていたが
理由を聞いた上司は馬鹿なことを言うんじゃないと
とりあわなかった

顔が浮かび上がるというのだが
気の毒に思った同僚が話を聞いていると
彼の顔色が変わった
「ほら また見える」
彼の視線の先 問題のタンスを振り返ってみると
般若のような憤怒の形相をした女の顔が張り付いていた

結局 タンスは倉庫の外に出されたという



スポンサーサイト
コメント2
トラックバック0
2007.02.16 18:16 edit
問題の箪笥は倉庫の外に運び出されたが、実はもう1つ、奇妙な箪笥があった。

暗がりで見ただけだし、はっきりとは見たわけではないので担当者もほおっていたのだが、何かがぼうっ…と浮き出ているのだった。
例の箪笥が片付き、ほっとした担当者が改めて倉庫内を見回ったとき、それは夕暮れの薄明かりの中、再び担当者の前に姿を現した。
その箪笥には、、








…みかんが生えるように、くっ付いていた。


みかんの木が生えているわけではない。乾いて硬くなったみかんの実が、半ば箪笥と融合しているかのようにくっ付いていたのだった。

担当者は、焦った。
そうだ、忘れていた。どうしよう!!

いつも無茶ばかり言う上司に、腹を立てた倉庫担当者は、ある時腐りかけたみかんを思い切り、適当に投げつけたのだった。
みかんは暗がりに飛んでいったが、その時はみかんがどうなったか、確認もしないで閉めて帰ってしまったのだった。

no name neko URL
2007.02.18 08:20 edit
小学生の頃 机の奥に隠したパンやみかんだったモノを
終業式の日に誰にも見つからずに処分するのに
悩んだものですね
ncy URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://ncy.blog42.fc2.com/tb.php/182-546ae8cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。