FC2ブログ

フシギナハナシ

プロフィール

ncy

Author:ncy
オバケとか信じていませんが
怖い話を聞くのが大好き

ギミワンモア
リーズントゥビリ~ヴ
オアノット

アンチメジャーでマニア体質
爽やかより妖しいに惹かれる
が身上の管理人がお送りします

リンクはご自由にドゾ

アレな話(怖い話)を超募集中です
つか慢性的にネタ切れ状態です
助けてあげようという方
ネタを提供してもよいという方
↓のメールフォームからドゾー

適当な記事にコメントでもドゾー

■ランキングに参加しています

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク



■文章,写真の有断転載を禁じません

FC2ブログランキング

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二刀流天使

2006.12.01 妄想汁100%
「こんなクソバンド辞めてやるぜ アスホール!」
シールドを乱暴に引き抜くとギタリストはスタジオを出ていった
「待てよ!」

「電源切ってからシールド抜かないとアンプが傷むだろ、、、」

マイケノレのバンドは二人目のギタリストが
なかなか定着しなかった
ことごとくマイケノレと衝突し辞めていくのだ
「ギタリストは一人でいいじゃないか」
とバンドメンバーは慰めたが 
「オレの頭の中でははっきりと曲が鳴ってるんだ!
そしてその曲にはギターが二本必要なんだ!!」
「そんなコト言っても学園祭まで時間がないぜ」
「分かってる なんとかするから、、、」

とは言ったもののマイケノレに策があるわけではなかった
[バソドやろうぜ]にメンボ(メンバー募集)かけても
学園祭には間に合わない
どうしよう?

いつものようにトライアドコード
スウィープの練習を3時間ほど行なったところで
マイケノレはギターを抱いたまま
ソファーに沈むように眠りに落ちていった

気が付くとマイケノレは暗い夜道を歩いていた
なんだコレ? ココどこよ?
前方に四辻が交わっているのが見えてきた
どこかからワウのかかったギターの音が聞こえてくる
ヴードゥーチャイルのイントロ?
「ヘ~イ、ジョ~、、、」
アフロの男が立っていた
サイケなシャツを着てストラトキャスターを持っている
虚ろな目は遠くを見ているようで 
ガムを噛んでいるように口をくちゃくちゃしている

「ヘイユ~ギッチャ~ウマクナリタイカ~u~m~」

変な声だと思ったらギターで喋ってる!?
「あんた まさかジミ、、、?」
「ハ~ッハッハッ~、、Hahahaha~」アフロ野郎が笑った
いやストラトが笑っている

ロバートジョンソンはクロスロードで悪魔と取引した

「トッテオキノ ギッチャ~テクニック ヲ オシエテヤル」
くちゃくちゃくちゃくちゃくちゃくちゃ、、、

突然、流麗なレガートのフレーズとともにまばゆい光が降りてきた
黒地に白の水玉模様のフライングV
小柄な体のその背中には大きな白い羽根がはえている
ランディー・ローズ?、、、天使になったんだ
「マイケノレ、そいつはジミじゃない クロスロードの悪魔でもない」
アフロ野郎は地面に置いたギターに向って正座し拝んでいる
「そいつは右利きだろう?本物なら左利きのはずさ」
あっ!確かにアフロ野郎は右利きの持ち方だった!
アフロ野郎はライターオイルを取出しギターにかけはじめた

「マイケノレ、いくら他人のスタイルをコピーしても
 それはキミの音楽じゃない 自分を信じるんだ 
 キミも二つの翼をもっているんだよ
 ドントシンク フィ~ル
 これはブルース・リーの言葉だけどね」

天使はウィンクして爽やかに笑った

ストラトキャスターから炎があがっている
アフロ野郎が狂ったように笑いだした
悲鳴ともハウリングともつかない笑い声が響き渡り
地面がぐらぐらと揺れはじめ
アフロ野郎はサルのように炎の周りを飛び跳ねている
いきなり地面に亀裂が走ったかと思うと
真っ暗なクレバスにマイケノレは落下していった
振り回した右手に何かが触れた
思わず掴むが支えにはならずに握ったまますっぽ抜けた
左手に触れたモノを掴むと同時に頭に衝撃が走り

「いってー、、、」

自室だった 
部屋の隅に並べているギターの傍で仰向けに寝ていた
スタンドごとギターが倒れて頭を直撃したらしい
夢か、、、
両手にはそれぞれギターのネックを掴んでいる
まるで二刀流の剣士のように
さっき掴んだのはコレだったのか
ムサシ・ミヤモトみたいだな
無意識にトリルで音を出してみる
普段はピックを持つ右手でも弦を弾いてみた
左右同時に二本のギターが鳴った

ハッ! これだっ!!

ギターが足りないなら両手で弾けばいいんだ!!



ギター芸人マイケノレ・アンジェロ が誕生した瞬間であった


マイケル・アンジェロ


スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://ncy.blog42.fc2.com/tb.php/148-c83229d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。